こりを解消したい!

こりの解消には血流改善を

肩や首、さらに顔にもできるこり。
これは血流が悪くなることが原因で起こると言われています。
1日中パソコンを触る仕事などをしていると、肩や首の筋肉を動かす機会は少なくなってしまいます。
そのため、本来なら排出される老廃物が首や肩などの筋肉を動かさないことで排出が滞ってしまい、老廃物が溜ってしまいます。
その結果、筋肉に残った老廃物がこりになってしまうのです。
顔も年を重ねるごとに感情を顔に出さないようになっていくため、筋肉があまり動かなくなってしまいます。
そのためこりができてしまうのです。
解消のためには、血流を良くして筋肉にたまっている老廃物を排出することです。
デスクワークなどを行っている人は、ちょっとした時間にストレッチを行うだけでも変わってきます。
またお風呂に入って身体を温めるのも効果的です。
さらに生姜や根菜などの身体を温める食べ物を食べたり、身体を冷やさないように暖かい格好をするのもこりの解消の効果的な手段となります。

こりを改善するには血流を良くすること

こりは、入浴やマッサージなどで改善されることがあります。
これはマッサージなどをすることで血流が良くなるためです。
こりの原因のひとつに血行不良があります。
疲れて硬くなった筋肉が血管を圧迫して体の血流を悪くします。
筋肉の中に発生した乳酸などが流れないため筋肉内に溜まります。
また、筋肉に届くはずの酸素も減るため、さらに乳酸が作られて筋肉が硬くなりこりを感じるようになるのです。
こりの原因として考えられるのは、筋肉が疲れて硬くなる、硬くなった筋肉で血管を神経が圧迫され血行不良が起きるなどです。
コリで知られているのは肩のコリです。
通常の肩コリを改善するには、もみほぐして血流をよくしたり、同じ姿勢で作業をする場合などは肩周辺の筋肉を頻繁に動かすことなどがあります。
さらに十分な睡眠をとることは重力による肩や首への負担がかかりにくくしたり、横になって腹式呼吸でリラックスすることで筋肉を緩めることができ、コリの改善につながります。

Copyright 2015 こり改善 All Rights Reserved.